ニュースリリースリグニン製品の価格修正について

日本製紙株式会社

日本製紙株式会社(社長:野沢徹、本社:東京都千代田区) は、下記のとおり、リグニン製品の価格修正を実施します。

1.対象品種

リグニン製品

サンエキス、バニレックス、パールレックス、バニオール 他

2.値上げ幅

20%以上(石炭、チップ等の原燃料サーチャージとして)

3.実施時期

2022年6月1日出荷分より

4.実施理由

世界的な原燃料価格の高騰、物流費や人手不足による人件費の上昇に対し、弊社では全社を挙げての徹底したコストダウンを進めてきました。しかしながら、現行の価格水準では、高騰する石炭はじめ原燃料価格の影響を吸収することは困難であるため、価格修正をせざるを得ないとの判断に至り、原燃料のサーチャージ方式で、お客様にご負担をお願いすることとしました。


以上