ニュースリリースGPIF採用4指数を含む6つのESG投資指数の構成銘柄に選定

日本製紙株式会社

日本製紙株式会社(社長:野沢 徹、以下「当社」)は、ESG(環境・社会・ガバナンス)投資の代表的な指数である以下のESG投資指数の構成銘柄に、昨年に引き続き選定されました。


(1) 世界最大規模の年金基金である年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)がESG投資にあたり採用している4つの指数*1
*1 「FTSE Blossom Japan Index」
 「MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数」
 「MSCI日本株女性活躍指数(WIN)」
 「S&P/JPXカーボンエフィシエント指数」
(2) 世界的なESG投資指数である「FTSE4Good Index Series」
(3) 欧州で証券取引所の運営および金融サービス提供を行うEuronext社と企業の社会的責任を評価するVigeo Eiris社による持続可能性評価指標「Euronext Vigeo index: World 120」

また当社は、2020年より、社会的責任投資(SRI)推進団体であるForum Ethibelが運営する投資ユニバース(組み入れ候補の銘柄群)の上位ランク「Ethibel PIONEER」に選定されています。


当社は、「世界の人々の豊かな暮らしと文化の発展に貢献します」との企業グループ理念を掲げ、スローガン「木とともに未来を拓く」のもと、再生可能な資源である木質バイオマスの利用とリサイクルの技術の活用に取り組んでいます。
今後も、社内外のステークホルダーの方々からの評価やご指摘などを参考にしながら、ESGに関する取り組みを充実させるとともに、適切な情報開示に努めてまいります。

■関連リリース

投資ユニバースEthibel Investment Registerの「Ethibel PIONEER」に選定されました(2020年6月2日付)

以上