環境・社会(CSR)お客さまに関わる責任

ステークホルダーの皆さまからのご意見は、社会と共生し持続可能な成長をしていくための課題への気付きの機会になります。
お客さまからは、環境と社会に配慮した原材料調達や製品開発に関するご質問が多くなっています。
日本製紙グループは、お客さまの関心事項をふまえ、ご要望に応える製品を提供していきます。

評価指標目標達成状況(2016年度)
重要課題 製品の安全性向上
製品安全リスクの低減に向けた取り組み 製品安全マネジメント体制の強化 グループ製品安全委員会を開催(2回)し、グループ全体の施策などの決定、各社の情報共有、意見交換を実施
食品用銘柄の管理体制を確立し、対象製品の生産工場に対し、運用状況を確認する監査を実施
新製品の製品安全管理体制の確立 既存の管理で対応できない新製品について、リスク管理項目を特定
重要課題 環境と社会に配慮した製品の提供
森林認証取得率(森林認証製品の提供) 自社林森林認証取得 100% 100%
製紙原料の全てを森林認証で認められた材とする 100% 100%